基礎デザイン学科

science of design

presentation ’20 公開プレゼンテーション
2021.02.26

日時|2021年3月14日(日) 13:00 配信開始
会場|YouTube Live
教員|原 研哉、小林 昭世、板東 孝明
   菱川 勢一、柴田 文江、田中良治、清水恒平
   梅原 真(本学科客員教授)、井口 皓太(ゲスト)、
   大原 大次郎(ゲスト)、三澤 遥(ゲスト)

卒業・修了制作選抜作品の学生による発表と、
教員による講評をオンラインで一般公開致します。
どなたでもご覧いただけます。

下記URLより、ご視聴下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=VBUOD9MuUWc&feature=youtu.be

2020年度 武蔵野美術大学卒業・修了制作展
日時|2021年3月11日(木)-3月14日(日) 9:00-17:00
会場|武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス

本年度は新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点より、
一般公開でのご来場に際し、学外の方につきましては専用予約サイトからの
事前予約が必要となります。

こちらの予約サイトをご利用下さい。
https://www.e-tix.jp/musabi_ds2020/

学生による卒業・修了制作展特設サイトはこちらです。
http://www.kisode.com/presentation2020/
形象の記憶 デザインのいのち
2021.02.17

本学名誉教授である向井周太郎先生の著書『かたちの詩学』(2003年、美術出版社)が武蔵野美術大学出版局より再編復刊されました。今回のために書き下ろされた「生知としてのデザイン あいだに」を収録、図版には詳細な解説が加えられています。

向井周太郎 著
A5判変型 322頁
2,500円+税
武蔵野美術大学出版局

https://www.musabi.co.jp/books/b463116/
bamboo design―竹のデザインと未来
2021.02.05

bamboo design―竹のデザインと未来

2021年2月7日(日) –3月4日(木) 10:00-20:00
武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス1F 共創スタジオ
入場無料

本学基礎デザイン学科、工芸工業デザイン学科、クリエイティブイノベーション学科による、竹の授業の合同展覧会を行います。
本学科からは板東孝明教授、助教の鎌田拓磨と学生が参加します。
https://www.musabi.ac.jp/topics/20210122_03_02/

YouTube Live配信イベント

2/7sun 13:00-18:00
シンポジウム: bamboo design 竹のデザインと未来を探る

YouTube LIVE https://www.youtube.com/watch?v=Q4NGkfdIuxA&feature=youtu.be/

甘 銘源(大藏聯合建築師事務所)
王 文雄(南臺科技大學)
シンギ・カルトノ(Piranti Works代表)
板東孝明(本学基礎デザイン学科教授)
伊藤真一(本学工芸工業デザイン学科教授)
若杉浩一(本学クリエイティブイノベーション学科教授)




2/28sun 13:00-18:00
プレゼンテーション: 日本の竹工芸と未来

YouTube LIVE https://www.youtube.com/watch?v=XOuE4-Ea65I&feature=youtu.be/

中臣 一 竹藝家
大橋重臣 竹工芸家
竹作品の制作に関わった本学学生

主催:武蔵野美術大学
協力:株式会社良品計画 パワープレイス株式会社
有限会社九州真珠工業所
南臺科技大學 (台湾)
大藏聯合建築師事務所(台湾)
Piranti Works(インドネシア)
企画:武蔵野美術大学 造形学部 工芸工業デザイン学科
基礎デザイン学科
造形構想学部 クリエイティブイノベーション学科
「小平」×「前」
2020.12.10

公開講評「小平」×「前」

日時|2020年12月17日(木) 9:00-10:30
会場|本学9号館地下1階小展示室及びオンライン
授業|デザイン演習Id【テクストインフォメーション】
指導|篠 崎 晃 一(本学科非常勤講師)
主催|基礎デザイン学科研究室

本学科3年選択必修デザイン演習ld【テクストインフォメーション】の公開講評を行います。
今年度は「小平」を調査対象、「前」をテーマとし4グループそれぞれの作品を発表します。

コロナ禍という状況を考慮して、今年度はyoutubeにて公開講評を行い
また、授業用の特設サイトも公開しているのでこちらもご覧になって下さい。

どちらも、下記のURLから閲覧可能ですので、是非ご覧になって下さい。


YouTube   URL  https://youtu.be/_wcyStMRj74

特設サイト URL  https://tthak00.github.io/textinfo_20/

書籍の紹介
2020.10.20

本学科在籍の非常勤講師
畑一成先生
林浩平先生の書籍紹介致します。
下記のURLをご参照下さい。

● 畑 一成先生新刊書
  ゲーテ ポイエーシス的自然学の想像力:色彩論と生成する自然の力の源泉

 URL  https://www.amazon.co.jp/ゲーテ-ポイエーシス的自然学の想像力-色彩論と生成する自然の力の源泉-畑-一成/dp/4909783512/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=カタカナ&dchild=1&keywords=ゲーテ自然学&qid=1603153884&sr=8-1 



●林浩平先生新刊書
 リリカル・クライ(Lyrical Cry)

 URL   https://www.amazon.co.jp/リリカル・クライ-Lyrical-Cry-林浩平/dp/4846018946/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=カタカナ&dchild=1&keywords=リリカルクライ&qid=1603153805&sr=8-1 
基礎デザイン学科ってなに?ーオンライン模擬授業
2020.08.24

6月13・14日のオープンキャンパス
8月15・16日のオープンキャンパスで行った
基礎デザイン学科ってなに?- オンライン模擬授業
のアーカイブをyoutubeにて公開しています。

下記のURLからご覧になれますのでぜひ閲覧下さい。



●6月のオープンキャンパス
 基礎デザイン学科ってなに?- オンライン模擬授業 vol.1
 1日目 YouTubeURL https://youtu.be/1Ez68kvd97A
 2日目 YouTubeURL https://youtu.be/I-tufVN5FW8


●8月のオープンキャンパス
 基礎デザイン学科ってなに?- オンライン模擬授業 vol.2
 1日目 YouTubeURL https://youtu.be/km9-Cb-VD-s
 2日目 YouTubeURL https://youtu.be/4OMKRhv4_lM
2019年度卒業生の皆さんへ
2020.03.16

2019年度卒業の学部4年生、大学院2年生の皆様へ

基礎デザイン学科及び基礎デザイン学コースの皆さん
この度はご卒業おめでとうございます。
並びに保護者の皆様、お子様のご卒業を迎えられましたこと
研究室スタッフ一同、心よりお祝い申し上げます。

本年度は新型コロナウイルスの影響を鑑み
卒業式、学科別学位記などの開催が中止となってしまいましたが、
専任教員より、卒業生の皆様へのメッセージと本来卒業式に配布予定だった
表題集より教員講評のページをこちらに掲載いたしました。

表題集の配布については、学位記(卒業証書・修了証書)の交付の際に
皆様にお渡しができるように準備をしています。

詳細は以下のURLよりご確認ください。
https://www.musabi.ac.jp/news/20200316_03_02/

皆様改めて、ご卒業おめでとうございます。
これからのご活躍を研究室スタッフ一同、心よりお祈りしています。

教員講評はこちらをクリックしてください
presentation ’19 公開プレゼンテーション
2019.12.26

日時|2020年1月19日(日) 13:00開演(12:30開場)
会場|武蔵野美術大学 1号館103
教員|原 研哉、小林 昭世、板東 孝明
   菱川 勢一、柴田 文江、吉田 愼悟、田中良治
   梅原 真(本学科客員教授)

卒業・修了制作選抜作品の学生による発表と、
教員による講評を一般公開の形式で開催いたします。
予約は不要です。どなたでもご覧いただけます。

2019年度 武蔵野美術大学卒業・修了制作展
日時|2020年1月16日(木)-1月19日(日) 9:00-17:00
会場|武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス

学生による卒業・修了制作展特設サイトはこちらです
http://www.kisode.com/presentation2019/

学生達の作業風景やゼミの写真の掲載している卒業制作用のInstagram
https://www.instagram.com/kisodesign19/
授業展示「モノからモノが生まれる展」
2019.12.13

授業展示「モノからモノが生まれる展」

日時|2019年12月10日(月)-17日(金) 10:00-18:00
会場|本学10号館4階407教室
授業|デザイン演習Ie【オブジェクトコミュニケーション】
指導|熊谷 彰博(本学科非常勤講師)
主催|基礎デザイン学科研究室

デザインには、時代ごとに生活や製法から
洗練、調整、転用してきたレファレンス(参照元)が存在する。
紀元前—1990までのオブジェクト(物)を、
オフラインの書物からリサーチしてZINEに編集。
リサーチのZINEから1つ以上の着目、気づきをレファレンス(参照元の知見)として、
現代へ調整、転用したデザインをつくる。

ブルーノ・ムナーリ『モノからモノが生まれる』の題名を参照。
チャールズ&レイ イームズ『Powers of Ten』(1968)の元になった
オランダの科学者 Kees Boeke
『Cosmic View: The Universe in 40 Jumps』(1957)を系譜を参照。
タイポグラフィ研究b 授業展示2019
2019.12.09

日程|2019年12月9日(月) –12月16日(月)
会場|本学7号館1階103教室
授業|タイポグラフィ研究 b
指導|秋山 孝子(本学科非常勤講師)


2年生の授業「タイポグラフィ研究b」において、
音のタイポグラフィをテーマに
3つの課題で文字組版による空間構成を行いました。

1つ目の課題は「Record」です。
各自、日常から特定の音を抽出し、文字と自分で作成した図版のみで
構成・表現したレコードのパッケージを作成しました。

2つ目は「Poster」。
水・木・石のいずれかの素材を選択し、そこから発生する音、
想像する音を文字と図版で構成したものです。
各素材の特徴(硬さ、重さ等)の違いを、文字と図版のみで
どのように表現するかがポイントとなりました。

3つ目は「book」です。
「一日の音」をテーマに、時間によって変化する音を表現しました。
1枚の絵で表現されるRecordとPosterと異なり、
ページをめくる時間を有する体験を通して
適した見せ方を思考する課題としました。

全ての課題に共通して、「文字は音であること」を改めて考える機会としました。
また「音を視覚的に表現する」、つまり、別の感覚に置き換えた時に
適した表現方法は何か考えることを目的としています。

展示に携わっていただいた方々ともども、ご協力に感謝いたします。
授業展示「街を超えろ展」
2019.12.09

授業展示「街を超えろ展」

日時|2019年12月9日(月)-13日(金) 10:00-17:00
会場|本学9号館地下1階小展示室
授業|デザイン演習Id【テクストインフォメーション】
指導|篠 崎 晃 一(本学科非常勤講師)
主催|基礎デザイン学科研究室

本学科3年選択必修デザイン演習ld【テクストインフォメーション】の
授業展示を行います。
今年度は阿佐ヶ谷を調査対象とし、
気をテーマ3グループそれぞれの作品を展示しております。
デザイン演習Ic【環境情報】との合同展示となっておりますので、
そちらもぜひご覧ください。
吉田愼悟教授最終講義、パーティのお知らせ
2019.12.07

今年度で定年退職する吉田愼悟教授の最終講義及びパーティのご案内です。

【講義】
日時|2019年12月8日(土) 16:30-17:45
会場|本学1号館103教室
講義内容|「基礎デザイン学と環境色彩計画」をテーマに、
大学で学んだ基礎デザイン学を都市デザインの中で実践し、
蓄積してきた環境色彩分野での足跡を紹介します。

【パーティー】
日時|2019年12月7日(土) 18:00-19:30 
会場|本学12号館8階談話室MAU
※両イベントともに予約不要
お忙しいとは存じますが、是非ご出席お願い申し上げます。
基礎デザイン学科 主任教授 原研哉
授業展示「Exhibition of Editorial Design」
2019.12.07

日時|2019年12月4日(木)-11日(水) 10:00-18:00 *最終日のみ10:00-16:00
会場|本学12号館1階
授業|デザイン演習Ii【エディトリアルデザイン】
指導|佐藤 篤司(本学科非常勤講師)
主催|基礎デザイン学科研究室


現在自分が最も関心のあることをテーマに「本」を作る。
それが演習の目的である。その関心を他者に「伝える」ために必要なことは何か、
それらの構成要素を組み立て一冊の本の流れを考える。
書体の選定やフォーマットの作成といったタイポグラフィはもとより、
テキストに対する理解を増幅させ、魅力的に演出するための
視覚表現を工夫する。合わせて用紙の手ざわりであるとか、
折り・曲げといった加工、製本の形式など視覚以外の感覚も駆使して、
ページの集合体である三次元的な表現装置としての「ブックデザイン」を構想する。
バウハウス100周年 デザイン学の源流と未来
2019.11.11

この度基礎デザイン学科ではバウハウス100周年を記念いたしまして、シンポジウムを行う運びとなりました。
本学の向井周太郎名誉教授による基調講演をはじめ、現職教授陣を交えたディスカッションを行います。


近代化を世界に先んじた西洋から、モデルネとデザインへの関心が沸き起こり、
その象徴的存在として世界に多大な影響を与えた造形教育機関がbauhausでした。
建築すなわち環境形成を見据えつつ、色彩、絵画、タイポグラフィ、工芸、演劇、
建築などの諸領域から多様な才能、異能、職人を教師として動員し、
わずか14年という短期間に、世界の造形思想を塗り替えてしまうほどの
エネルギーの集中と横溢がそこに顕現したことは周知の通りです。
武蔵野美術大学基礎デザイン学科は、領域を分けず、外界環境のすべてに
デザインの理性を通底させるという理念を掲げてデザイン教育を続けてきましたが、
この理念形成の源流にもbauhausは大きな影響を与えています。
ここでは、bauhausの後にその思想の系譜を汲む教育施設として生まれた
ウルム造形大学に学び、 後に本学、基礎デザイン学科の設立と発展に
大きな業績を果たしてきた向井周太郎名誉教授を迎えて、
あらためてモデルネとデザインの源流についての講義をいただくととともに、
専任教員陣を交えたディスカッションで、 未来に向かうデザイン思想のかたちを
展望する機会を持ちたいと考えます。 混迷の世界にデザインがいかに向き合えるか、
その指針を来場の皆様と共有できれば幸いです。

基礎デザイン学科主任教授 原研哉


会期:2019年12月1日(日)13:00~19:00
会場:日本デザインセンター「POLYLOGUE」中央区銀座4-9-13 銀座4丁目タワー13階
※駐車場はありませんのでお車でのご来場はご遠慮ください。
※また日曜日は他テナントの影響でエレベーターの混雑が予想されます。
基調講演:向井周太郎 13:00-14:00
パネルディスカッション:第1部 原研哉・小林昭世 14:15-15:15
パネルディスカッション:第2部 板東孝明・菱川勢一・田中良治 15:15-16:15
総括ディスカッション:導入 ラース・ミュラー 
討論 向井周太郎・原研哉・小林昭世・板東孝明・菱川勢一・田中良治 16:30-17:30
懇親パーティ:会場 日本デザインセンター「POLYLOGUE」 18:00-19:00
協賛:株式会社日本デザインセンター
主催:基礎デザイン学科研究室

申し込み制となりますので以下のURLより参加希望者はの方はご登録ください。
また、こちらは定員がございますので、
定員に達した場合、キャンセル待ちやご登録ができない場合がございますので、
あらかじめご了承ください。
こちらの予約期間は11月18日10:00-11月24日18:00までとなっております。

https://select-type.com/rsv/?id=y2D0XuXt5sc&c_id=75584
タイポグラフィ研究a 授業展示2019
2019.07.04

日程|2019年7月9日(火) –7月15日(月)
会場|本学9号館1階ゼロスペース
授業|タイポグラフィ研究 a
指導|平野 昌太郎(本学科非常勤講師)


2年生の授業、「タイポグラフィ研究a」において、
以下の3つの課題で文字組版による空間構成を試みました。

「typography in a space」の課題においては「ゴールデンウィーク」をテーマに、
箱を境界のない無限空間に見立て、版面を意識しない自由な文字組版を。
「typography in a book」では自分の名前の中にある
「漢字」「ひらがな」「カタカナ」の3文字から連想した世界を
時間軸を伴う本という4次元空間への展開を。
「typography in a poster」では、自分のイニシャルと身体を素材とし、
自分を表す「大怪獣」を広大な2次元空間の中に表現しました。

課題はグリッドシステムを運用する中で進めていきますが、
同時に文字を扱うことによって明らかになる、
性質、規則、かたちなどの様々な面からの考察を共有し、
個々に還元することが狙いです。
また、全ての課題において、テキストと図版は個人が制作しており、
制作を通して自分自身の表現と向き合う機会としても重要な意味を持たせています。

展示に携わっていただいた方々ともども、ご協力に感謝いたします。
授業展示「PROTOTYPING LESSONS」
2019.07.02

日時|2019年7月2日(火)–6日(土) 9:00-17:00 
会場|本学7号館103教室
授業|デジタルイメージ研究
指導|清水恒平(本学通信教育課程 准教授) 菱川勢一(本学科教授)
主催|デジタルイメージ研究受講生一同
協力|基礎デザイン学科研究室

2年生の選択必修授業、デジタルイメージ研究の課題作品展示。

デジタルイメージ研究ではプログラミングすることを軸に
グループワークでインスタレーションを制作して展示を行っています。
今年は7チームによる展示になりました。
人にインタラクティブに反応する作品、
アルゴリズムに基づいて規則的に動く作品。
幅広いタイプの作品が揃いました。
ぜひ、足をお運びください。
CHALLENGE graduation show 2019 / 基礎デザイン学科有志卒業制作展
2019.03.02

2019.3.3
日時|2019年3月2日(土) - 5日(火) 11:00 - 20:00 *最終日のみ16:00
会場|AXIS GALLERY 東京都港区六本木5-17-1 4F

本学科学生の有志による学外展を開催いたします。
1月に行われました卒業制作作品を一般公開の形式で開催いたします。
予約は不要です。どなたでもご覧いただけます。


学生による有志卒業制作展特設サイトはこちらです。
http://scienceofdesign2019.com
presentation ’18 公開プレゼンテーション
2019.01.08

日時|2019年1月20日(日) 13:00開演(12:30開場)
会場|武蔵野美術大学 1号館103
教員|宮島 慎吾、小林 昭世、板東 孝明
   菱川 勢一、柴田 文江、吉田 愼悟
   梅原 真(本学科客員教授)田中良治

卒業・修了制作選抜作品の学生による発表と、教員による講評を
一般公開の形式で開催いたします。予約は不要です。どなたでもご覧いただけます。

平成30年度 武蔵野美術大学卒業・修了制作展
日時|2019年1月17日(木)-1月20日(日) 9:00-17:00
会場|武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス
http://www.musabi.ac.jp/degreeshow/

学生による卒業・修了制作展特設サイトはこちらです。
http://www.kisode.com/presentation2018/
授業課題映像「夜明けのスープ」
2018.12.11

日時|2018年12月10日(月) 16:45-
会場|本学1号館104教室
授業|デザイン演習In【モーションデザイン】
指導|菱川勢一(本学科教授)
主催|基礎デザイン学科研究室

本学科3年選択必修デザイン演習In【モーションデザイン】の
授業課題映像「夜明けのスープ」の上映会を行いました。
またこちらの映像は今後youtubeにアップを予定しています。
(1月中を予定)
公開されましたら再度ご報告いたします。

〈あらすじ〉
女子高生の葵は、両親の営むカフェで時々手伝いをしながら日々を過ごしている。
大好きなおばあちゃんは、今年の春からずっと入院している。
両親が新メニュー開発のため苦戦しており味見を頼まれたりしていたある日、
おばあちゃんが亡くなってしまう。
亡くなった日の夜、ふと思い出して昔書いたレシピを見ながら
おばあちゃんの料理のなかで一番好きだったスープを作ってみる。
だがおばあちゃんの味とは違う味で、おばあちゃんの死を実感する葵…。
授業展示「Re小江戸」
2018.12.11

日時|2017年12月10日(月)-14日(金) 10:00-17:00
会場|本学9号館地下1階小展示室
授業|デザイン演習Ie【パブリックデザイン】
指導|白濱 力(本学科非常勤講師)
主催|基礎デザイン学科研究室

本学科3年選択必修デザイン演習le【パブリックデザイン】の
授業展示を行います。
今年度のテーマはRe小江戸。履修生それぞれの提案や、
グループごとの制作を展示しております。
また同学年のデザイン演習Id【テクストインフォメーション】、
デザイン演習Ic【環境情報】との合同展示となっておりますので、
そちらもぜひご覧ください。