基礎デザイン学科 卒業・修了制作展

基礎デザイン学科は、「デザイン」を特定の領域に区分せず、広く大きく捉えて学ぶ学科です。基礎とは、あらゆる活動の根幹をなすもの。本学科の学生たちは、変化していく社会の中で、ぶれずに世界を見通していく「デザイン知」のかたちを学んできました。卒業・修了制作は、そのひとつの成果です。

一方で、デザインは、自分の頭でひねり出す「作品」であるだけでなく、皆で共有すべき「知恵」でもあります。ですから、他人の試みにも自分の視点や思考を重ねあわせることができ、自身の発見も他者と分かちあうことができます。ここに生まれる共感が、デザイン特有の感動の源泉なのです。したがって、卒業・修了制作についても、いかに真剣にこれを見、いかに豊かに吸収できるかが制作と同時に重要になるのです。どうか存分に味わってください。

基礎デザイン学科 主任教授 原研哉

title

基礎デザイン学科 公開プレゼンテーション
2015 / 1 / 18 sun 1号館103 13:00-

平成26年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作展
2015 / 1 / 15 thu - 18 sun 9:00-17:00

担当教員
原研哉 / 宮島慎吾 / 小林昭世 / 板東孝明 / 菱川勢一 / 柴田文江 / 吉田愼悟 / 野口正治

公開プレゼンテーションゲスト

森田真生
独立研究者
1985年東京都生まれ。2010年東京大学理学部数学科卒業後、独立。現在は京都に拠点を構え、在野で研究活動を続ける傍ら、全国各地で「数学の演奏会」を開催している。また『週間朝日 』にてコラムを連載している他、『新潮』紙面上では数学についての評論を複数発表している。
http://choreographlife.jp

梅原真
グラフィックデザイナー/本学科客員教授
1950年高知県生まれ。1972年大阪経済大学経済学部卒業後、高知のRKCプロダクション美術部入社。日本テレビで研修の後、スタジオの大道具担当に。25歳でスペインへ渡り休職。79年退職後、アメリカ大陸を横断。サンフランシスコ滞在を経て帰国。80年梅原デザイン事務所設立。土佐を拠点とし、一次産業再生をテーマに全国で活動中。 http://www.kisode.com/archives/1044


交通アクセス

基礎デザイン学科
http://www.kisode.com/

武蔵野美術大学
187-8505 東京都小平市小川町1-736
http://www.musabi.ac.jp

西武国分寺線「鷹の台」駅より徒歩約18分
西武バス「武蔵野美術大学」停留所下車すぐ
http://www.musabi.ac.jp/access/
google map
kisode@musabi.ac.jp